カテゴリ: 左翼

    20160522_1219001: TEKKAMAKI(アラビア)@無断転載は禁止 2016/05/20(金) 09:13:43.41 ID:6BJSHZ2A0 BE:932354893-PLT(12931) ポイント特典
    また暴行罪で逮捕 米兵の沖縄での犯罪率は高いのか
    3月17日 5時20分配信

    今月13日、沖縄県那覇市内のホテルで女性を暴行したとして、米海軍兵士(24)が逮捕された。

    泥酔してホテルのロビーで寝ていた女性を部屋に連れ込んでの暴行だという。

    この事件を受けて、翁長雄志沖縄県知事は「決して許すことはできない」と語り、米軍はじめ関係各所に厳重に抗議をした。

    もちろん、こうした犯罪は決して許されるものではない。

    日本政府としての抗議も当然のことだろう。

    しかし、こうした報道によって、米兵はしょっちゅう犯罪を行っているようなイメージを持ってしまうのは早計である。

    元在沖縄海兵隊幹部のロバート・D・エルドリッヂ氏は、著書『オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白』で、次のように述べている(以下「 」は同書より引用)。

    「米軍の犯罪発生率は高いという印象の背景には、日本弁護士連合会が2000年夏に発表した報告書があります。
    この報告書は沖縄におけるアメリカ人の犯罪統計が地元市民の10倍にのぼると指摘し、地元メディアに大きく取り上げられ既成事実化しましたが、後になって、この報告書のデータには重大な誤りがあることが判明しました。

    新聞には小さな訂正記事が出たものの、いまだに集会などでは講演者がこの数字を引用するため、悪い印象は消えません」

    たしかに、2000年に発表された報告書は、「人口1万人あたりの米兵の犯罪件数は県民の10倍」としたが、その後「ほぼ同じ」と訂正されている。
     
    ■米軍に知事が抗議

    「おそらく今後も、沖縄の政治家やメディアは犯罪や事故の累計件数を挙げ、犯罪は増え続けていると主張し続けるに違いありません。(略)
     
    左翼やメディアは『県民感情』『オール沖縄』というフレーズをよく使いますが、それは事実と法律にも優先するものでしょうか。

    そうではないはずです。

    たとえ米軍兵でもそれ以前に同じ人間であり、そういう視線が持てないのでは、まともな議論ができません」

    さまざまな沖縄の問題に関しては、感情論や印象論ではなく、「ファクト」をもとに議論をすべきだ、とエルドリッヂ氏は『オキナワ論』の中で主張している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160317-00506655-shincho-int

    引用元: 「米兵の沖縄での犯罪率は高い」デマを広めるパヨクたち [無断転載禁止]©2ch.net

    【「米兵の沖縄での犯罪率は高い」デマを広めるパヨクたち】の続きを読む

    no title1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 04:06:48.00 ID:???.net
    ■周回遅れの発想

    歴史修正主義も被害者意識に基づいています。小泉さんは靖国参拝を毎年繰り返し、中国や韓国との関係を
    壊しましたが、関係が壊れても日米関係さえ良ければあとは何でもついてくるといっていました。

    当時の米国のブッシュ政権は、日本が軍事的貢献ができるようになるのであれば、歴史修正主義的な動きには
    目をつぶっていました。安倍首相は、今もそうだろうと、周回遅れの発想のまま歴史修正主義にまい進している
    ようにみえます。

    米国は、イラク戦争の失敗や国力の低下、権威の失墜を踏まえ、単独行動主義を改めました。この間、中国
    が台頭しましたが、米国は中国を警戒はしても、経済パートナーとして、日本よりも重要な国とみなしています。
    米国はむしろ、日本が中国や韓国をいたずらに挑発して、無用な緊張を北東アジアでかもし出すことを苦々しく
    思うようになっています。

    米国にとって、中国を挑発するような集団的自衛権よりも、TPPをのませるといったことが優先度としては高い
    でしょう。安倍首相は集団的自衛権をやる、TPPもやる、中国が主導するアジアのインフラ投資銀行AIIBに
    入らないなどと、米国にごまをすって、中国、韓国が反発する歴史の書き換えを進めているように思えます。
    米国は変わり、かつてのように目をつぶってはくれないことに気付いていないのかもしれません。

    歴史修正主義は、戦後のサンフランシスコ講和条約体制に対する直接の挑戦という側面があり、米国の議会、
    ホワイトハウスの中でも安倍政権に対し強い口調の批判も出るようになっています。歴史問題で、安倍政権は
    米国からはしごをはずされる可能性があると思います。

    集団的自衛権や安保法制の議論で公明党がブレーキ役になっているという見方があります。手法としては、
    ハリウッド映画であるようなグッドコップ(良い警官)、バッドコップ(悪い警官)の役割分担で、へたな漫才を
    みせているといえます。政策を進めるための演出の一部です。

    ここまでやりたいと自民党がいえば、公明党が登場してトーンダウンさせて、さも危なくないものになったという形
    にみせる。安保法制の与党協議で、多くの国民は集団的自衛権の行使に際し、公明党が頑張って国会の事前
    承認が必要になったと、誤解しているかもしれません。実際はそういうことになっていません。政府、与党は国民
    の印象操作を確信犯的にやっているとしか思えないのです。

    以下ソース

    ソース:沖縄タイムス 2015年5月2日 11:34
    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=114104&f=i


    引用元: 【沖縄タイムス】上智大学・中野晃一教授「安倍首相は歴史修正主義にまい進、米国からはしごをはずされる可能性」[05/03]


    【歴史修正主義】の続きを読む

    20140812_011: ちゃとら ★@転載は禁止 2014/08/10(日) 14:41:55.77 ID:???0
    日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は10日朝、朝日新聞の慰安婦報道をめぐる検証記事をテーマにしたフジテレビの「新報道2001」に出演し、
    「言い訳じみた記事で、事の重大さをわかってない。朝日の大ばかさかげんを露呈したようだ」と改めて批判。
    慰安婦問題について見解が対立した共産党の小池晃副委員長に発言を遮られそうになった際に
    「聞きなさいって共産党!」と鋭く言う場面が何度もみられた。

     番組側は朝日が「韓国・済州島で慰安婦を強制連行した」という吉田清治氏の証言を報道し、32年後になって証言が「虚偽」だったとする検証記事を掲載した経緯を説明。
    その上で朝日が番組の取材に対して、長年にわたり報道を訂正してこなかった理由について
    「答えは差し控える。理由は言えない」と回答したことを紹介した。

     橋下氏は「最悪ですよ。ぼくが記者会見で同じことをしたら、朝日の記者は何と言うか。ちゃんと朝日の社長が出てきて、国民に説明責任を果たすべきだ」と批判。
    ベネッセコーポレーションが顧客情報漏洩問題の対策費に260億円を見込んでいることを引き合いに、「赤字覚悟で国際版を刷って、1千億円や2千億円くらい使って国際社会に『間違ってました』としっかりやってもらい」と話した。

     番組にはほかに自民党の萩生田光一総裁特別補佐や東海大准教授の金慶珠氏らも出演。
    橋下氏が慰安婦問題で日本を非難する国際世論に吉田証言と朝日の誤報が与えた影響が大きいという見解を示したのに対して、
    小池氏や金氏は国際世論は吉田証言だけを根拠にしていないとする姿勢をみせた。

     橋下氏は発言中に言葉を挟もうとする小池氏に「聞きなさいって共産党!」と牽制。
    小池氏は「小池という名前がある」と言い返したが、橋下氏はその後も「聞きなさいって共産党!」と繰り返した。

     橋下氏は朝日が今月に検証記事を出して以降、記者会見や囲み取材で
    「検証記事と河野洋平官房長官談話の検証報告で、国家をあげて強制連行をやった事実がなかったことがほぼ確定した」と指摘。
    韓国に対しては真摯な姿勢で強制連行がなかった事実を伝え、関係改善を図るべきだとする認識を示している。

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140810/wlf14081012030025-n1.htm?view=pc

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/photos/140810/wlf14081012030025-p1.htm

    引用元: 【朝日慰安婦検証記事報道】橋下氏「聞きなさいって、共産党!」 小池氏「小池という名前がある」

    【【朝日慰安婦検証記事報道】橋下氏「聞きなさいって、共産党!」 小池氏「小池という名前がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ