1: かばほ~るφ ★ 2015/10/23(金) 11:41:36.61 ID:???*.net
    高裁も再審開始認める=無期確定の母親ら-小6死亡の火災・大阪

    大阪市東住吉区で1995年、保険金目的で自宅に放火して小学6年の女児=当時(11)=
    を○害したとして、○人罪などで無期懲役が確定した母親の青木恵子(51)、
    内縁の夫だった朴龍晧(49)両受刑者について、大阪高裁(米山正明裁判長)は23日、
    検察側の即時抗告を退け、再審開始を認める決定を出した。刑の執行停止も決めた。
     
    刑の執行停止は26日午後2時とした。
     
    朴受刑者は捜査段階で「ガソリンをまいて火を付けた」と自白。
    2人は公判で無罪を主張したが、一、二審で無期懲役とされ、2006年に最高裁で確定した。
     
    再審請求審で、弁護側が発火の再現実験を実施したところ、まき終わる前にガソリンが気化して
    風呂釜の種火に引火した。大阪地裁は12年3月、「自白は不自然」と判断し、再審開始を決定した。
     
    即時抗告審では、検察側の再現実験で弁護側実験と同じ結果になり、
    車からガソリンが漏れて自然発火する可能性も浮上した。
     
    確定判決によると、2人は共謀し95年7月22日夕、自宅車庫に放火。
    入浴中の長女めぐみさんを焼死させ、保険金1500万円を詐取しようとしたとされる。
    (2015/10/23-10:19)

    時事ドットコム
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015102300050
    no title

    引用元: 【裁判】1995年に東住吉区で小6女児が死亡した火災、大阪高裁も再審開始認める…殺人罪などで無期懲役が確定した母親らの刑の執行停止

    【【裁判】1995年に東住吉区で小6女児が死亡した火災、大阪高裁も再審開始認める…殺人罪などで無期懲役が確定した母親らの刑の執行停止】の続きを読む

    このページのトップヘ